クレジットカードにおける審査とは??

クレジットカードの審査は信用を基準にして行っている傾向にあります。
審査の基準はクレジットカード会社によって違うことがあるので、審査が厳しいと感じた場合は通過しやすいところを探し利用するのも良いでしょう。
基本的には銀行系のクレジットは審査基準が高くなります。
逆に販促系のクレジットカードや消費者金融系のクレジットカードは審査基準が低く比較的、通過しやすいと言われています。
ただし前提として働いている人、安定して稼いでいる人の方が審査に通りやすいのは事実です。
審査の甘いクレジットカードはすでに口コミ、情報サイト等である程度は把握できる時代です。
アルバイト、パート等でも審査に通ったというケースはあるので、審査にオチてしまったとしても諦めるのはまだ早いです。

現在では審査の甘いクレジットカードがあってブラックでも作れるクレジットカードも中にはあるからです。
申込条件を良く確認し、申し込むカード会社を1つに絞って申込をしてください。
クレジットカードに申し込む場合は複数社に申し込むのではなく、1社に限定して申し込むのが基本です。
短期で複数社に申し込むと審査に通過出来ない可能性が高くなります。

また利用したいサービスによってはさらに審査を受ける必要があります。
キャッシング枠の利用がその1つで、クレジットカード経由でお金を借りたい人は再度審査を受けないといけないことが多いです。
ちなみにキャッシング枠での融資額はクレジットカード会社による違いだけではなく、利用者の稼ぎにも関係があります。
一般的には高収入者の方が融資限度額も高くなりやすい仕組みです。
また審査が心配な方はキャッシング枠を付けないで申し込むのも手だと思います。

クレジットカードは人によって使い方は様々です。
ポイントで得する為に使う人もいれば、現金が厳しいので使う人もいたり、多額の金銭を持ち歩くのが心配なのでカードを使うという人もいます。
なので、金銭に余裕のある人もいれば、厳しい人も。
また、クレジットカードを一枚だけ持っている人もいれば、用途に合わせてたくさん持っていたり、作っては解約したり・・・本当にカードひとつをとってみてもその人自身の性格や生活がわかったりします。

そのようにいろんな人がいろんな用途で使うからこそカードの審査は厳しくなります。
カードによっては、無職はもちろん、アルバイトだと作れなかったり、派遣社員でも作れなかったりします。
カードがなかなか作れない人は結婚して主婦になればいい。という話も聞いたことがあるくらいです。
また、カードを持っていても、支払を滞納したり、カード以外のなんらかの借金やローンによっても作れないこともあります。
クレジットは信用ですから支払いの延滞、遅延はご法度なのです。
確実に支払いを行い、他社からの借り入れも無ければ審査に十分通過できる可能性があります。

一度カードの審査に落ちると半年は再度作れないという話も聞きます。
自分の信用を失ったようでいやなものですよね。
そんな風にならないように便利なクレジットカードはうまく大事に使って、ずっとつきあえるように、いいお客様でいたいものです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL